アプリDL
ライン友だち
TOP

同じカラコンでこんなに変わる!カラーやフチによる印象の違い

つけるだけで瞳を大きく、印象的に見せてくれるカラコンですが、いったいどんな種類を選ぶとどのような違いが表れるのでしょうか?
カラコンで印象を変えるには、色やデザイン選びのコツがあります。
今回は、カラーやフチ、サイズによる印象の違いをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1. カラコンは印象をガラッと変える

クリアレンズと違い、つけるだけで瞳が大きくなりガラッと雰囲気が変わるカラコンは、メイクよりも印象の変化が期待できるアイテムです。

瞳をパッチリ見せるだけではなく、カラーやフチ、デザインの種類が豊富なので、コーディネートに合わせて瞳のオシャレも楽しむことができます。

ガーリーなお洋服を着たい!クールなコーディネートで決めたい!など、そのときの気分に合ったカラコンをすると、なりたい自分にさらに近づくことができますよ。

2. カラコンのカラーによる印象の違い

カラコンは、色を変えるだけでまったく違う印象を演出することができます。瞳の色に近いカラーだと自然に盛ることができ、瞳の色から遠い色のカラコンを選べばハーフ顔や外国人風の印象に見えるように変えることができます。

さりげなく強調したいときはナチュラル派、冒険してみたいときは色味が強いものを。そのときの気分で使い分けましょう。

①ナチュラル派はブラック系かブラウン系

元の瞳の色になじみやすいブラック系やブラウン系のカラコンは、いかにもカラコンつけてます、という雰囲気を避けたい人におすすめです。白目との境目がくっきりするのに、不自然にならずにナチュラルに盛ることができます。

そして、元の瞳の大きさよりも少しだけサイズUPする大きさだと、裸眼のような印象なのに、瞳はしっかりと強調されます。カラコンがバレたくない人は、ブラック系やブラウン系のナチュラルなデザインを選びましょう。

暗髪×黒目さんの今っぽカラコン特集

②色素薄い系を目指すならグレー系かヘーゼル系

グレー系かヘーゼル系は白目と瞳の境目がクッキリしないため、「同じ日本人なのに生まれつき色素の薄い人」といった雰囲気になります。瞳の輪郭が明るくなるものが多く、ふんわりとしたデザインが多いです。

また、透明感のあるカラーは瞳にスッと馴染みやすく、垢抜けた印象になります。シンプルだけど華やかになるグレー系やヘーゼル系は、カラコン感を強調し過ぎないゆるふわな瞳を演出したいときにおすすめです。

色素薄い系カラコン特集

③外国人っぽさを出すにはグリーン系かブルー系

クールな外国人風の瞳に挑戦してみたいときは、キラキラと透明感のあるグリーン系やブルー系がおすすめです。普段の生活では挑戦しづらい色ですが、いつもの自分にはない可愛さで、雰囲気をガラリと変えられます。

また、最近では瞳の色がガッツリ変わる鮮やかな色でも、日本人の瞳の色になじんで自然な仕上がりになるものが増えてきているので、外国人風になるカラーは挑戦しやすくなってきています。

3. フチありフチなしどっち?サークルレンズの魅力

色の付いたコンタクトレンズは、一般的にフチがあるもの、ないものの大きく2つのタイプに分けられます。

カラコンのフチとは、いちばん外側に入っているラインのことです。瞳よりやや大きくサークル状に着色されているため、瞳を自然に大きく見せることができます。

カラコン着用がばれたくない!という人はフチなしを、瞳をクリっと大きく見せたい!という人にはしっかり盛れるフチありのサークルレンズがおすすめです。

4. 着色直径を選んでナチュラルに盛ろう

①着色直径とは?

カラコンによる印象の違いを大きく左右するのが、着色直径です。

「着色直径」とはレンズの着色部分、つまり色のついている部分の直径の大きさのことです。レンズ自体の大きさ (DIA)とは別物で、着色直径の数値が大きいとデカ目に盛れて、数値が小さいほどなじみやすいナチュラルな印象になります。

おすすめの着色直径は人によって変わるため、日本人の黒目の平均サイズと言われている11〜12.5mmをベースにご紹介していきます。

②自然に見せたい人におすすめの着色直径

裸眼のような自然な見た目になりたいときは、着色直径13.1mm以下のサイズがおすすめです。裸眼とほとんど変わらないサイズなので、周囲にバレることなくキレイな瞳を演出することができます。

裸眼のときより少しだけナチュラルに盛りたいときは、着色直径13.1mm~13.5㎜のサイズがおすすめです。裸眼よりも少し大きいサイズなので、白目とのバランスがよくなり、魅力的な印象になります。

③しっかり印象を変えたい人におすすめの着色直径

しっかり印象を変えたいときは、着色直径13.6㎜~13.8mmのサイズがおすすめです。裸眼よりも一回り大きい瞳になるので、違和感なく盛ることができます。

さらに、もっと盛りたい!もっとデカ目にしたい!そんなときには着色直径13.9mm以上のサイズを着用すると、瞳の存在感がさらにUPして派手な印象になります。お人形みたいなクリンとした瞳を目指すときにおすすめです。

5.まとめ

カラコンは、色やフチのデザインで印象の違いを楽しめます。

ナチュラルに見せたい場合は、ブラック系やブラウン系の色でフチなし、着色直径が小さいものがおすすめですし、しっかり盛りたい場合は、フチありのサークルレンズで着色直径が13.6mm以上のものがおすすめです。

カラコンでどんな印象の違いが生まれるのかを覚えて、なりたい自分に変化しましょう。


1MONTHハーフカラコンBest

ハーフカラコンの2019年度人気ランキングを大公開!

ガチギャルが選んだ本当に盛れるカラコン特集

時代に媚びずトレンドよりも自分らしく盛りたい方、必見♪