アプリDL
ライン友だち
TOP

カラコンの着色直径とは?自分にぴったりのサイズを知る方法と選ぶときの注意点

着色直径とレンズ直径を混同してしまう方も少なくありませんが、着色直径は瞳の印象を大きく左右する要素なので、正しく理解しておくともっとカラコンを楽しめます。

今回は、着色直径の基本と、着色直径を決める時の注意点をご紹介していきます。

1. カラコンの着色直径とは?

着色直径はその名の通りカラコンの着色部分の直径を指し、レンズ全体の直径(DIA)とはまた別物です。

この着色直径は見た目を大きく左右する一方、レンズの直径は見た目の印象には響きません。いくらレンズの直径が大きくても、黒目が大きくなるとは限らないというわけです。

黒目にあたる部分は着色直径が印象を左右します。着色直径が大きければ大きいほど、黒目にあたる部分が大きく見えるのです。カラコン選びの際には、デザインと共に必ずチェックするようにしましょう。

2. 着色直径でこんなに印象が変わる!適切なサイズはどれ?

着色直径はおよそ0.1mmごとに数えられ、多くのカラコンは12.8mm~14.6mmのうちでサイズ展開をしています。

人によって黒目や白目の大きさやバランスは異なるので、あくまでざっくりとですが、サイズと印象の違いは次のようになっています。

~13.1mm

裸眼にかなり近いサイズ。黒目を大きくしたいという人よりは、デザインやカラーで印象を変えたいという人向きです。

一見カラコンだとは分かりにくいため、周囲にもバレずにカラコンを楽しめますので、仕事や学校など、あまり派手なカラコンは避けたいときにもおすすめです。

13.2~13.5mm

裸眼より少し大きめのサイズ。自然なままに黒目を大きくして瞳を盛れちゃいます。元々の目の大きさなどによってはカラコンだとわかる人もいるかもしれません。

13.6~13.8mm

およそ一回り裸眼よりも大きいサイズ。黒目が強調され、くりくりとした瞳になります。大きな黒目が印象的で、このあたりの大きさからカラコンだとわかりやすくなります。

13.9mm~

かなり大きめなサイズ。しっかりと瞳を盛りたい人におすすめ。瞳の存在感があり、目力を感じる派手な印象を与えます。

着色直径は、ほとんどのパッケージに表示されています。商品によっては明記されていないシリーズもありますので、その場合はレビューにて実際のイメージを確かめてみると良いですね。

3. 自分の瞳にピッタリの着色直径を知る方法

自身の瞳に合わず小さすぎては裸眼と印象が変わらず、大きすぎては宇宙人のような真っ黒な瞳になってしまうので、自分の瞳にピッタリと合う着色直径を知ることはとても大切です。

そこで重要なのが、『瞳の黄金比率』です。実は、一番瞳が美しく映える白目と黒目の比率というのは決まっていて、「白目:黒目:白目」の割合を「1:2:1」にするというもの。

これは、女性だけでなく男性にとっても好印象な比率とされます。

自分の瞳を黄金比率にする黒目のサイズを知るために、実際に自分の瞳の黄金比率を測ってみましょう。まずは鏡の前で、瞳全体の横幅に定規を当てて測ります。その後、計測できた横幅を半分に割ります。「瞳全体の横幅÷2=自身にぴったりの着色直径」です。

例えば、瞳全体の横幅が26mmの場合は、着色直径13mmが自身にぴったりということ。このサイズのカラコンを選ぶことで、自分だけの瞳の黄金比率が完成します。

4. 着色直径を決めるときの注意点

実際にカラコンを選ぶときには、自分の望む印象や黄金比率で出てきた直径以外にも考慮してほしいことが3つあります。着色直径選びの際には、この3つの注意点に気を付けていきましょう。

①ぼかしありか確認する

実はカラコンの種類によっては、パッケージに書いてある着色直径通りの大きさの黒目にならないケースがあります。というのも、カラコンの着色部分の縁に「ぼかし」があるかないかによって変わるのです。

同じ着色直径のカラコンを並べてみると、フチにぼかしがある方は小さく、フチがしっかりとしている方は大きく見えます。

着色直径は変わらなくともフチがぼけていると、着色されているフチの部分がまだらで曖昧なことから、体感上は少し小さい印象が与えられるのです。一方、フチがあるデザインの方はぼかしがあるものと比べると大きく見え、透け感がないためにやや目力も強い印象に感じます。

ぼかしの有無は着色直径の感じ方だけでなく、自然な瞳か派手な瞳かといった印象も変える要素です。しっかりとチェックしましょう。

②大きければ大きいほど可愛いとは限らない

黒目は小さいよりも大きい方が、可愛らしい印象が与えられます。赤ちゃんに対して可愛いと感じる理由の一つにも、黒目の大きさが関与しているといいます。

だからといって着色直径の大きいシリーズほど可愛くなるのかというと、そうとは限りません。先ほどご紹介した黄金比率を大きく外れる自分に合わないサイズでは、「不自然」だという感覚が先立ってしまいます。

もちろん、大きめの着色直径であるカラコンが悪いというわけではありません。そもそもの瞳の横幅が長めの人にはそれに適した大きなカラコンが合いますし、人それぞれ自身に適したベストな商品があるということなのです。

③着色内径も忘れずチェック

ここまでは着色直径の重要さについてご紹介してきましたが、カラコンには「着色内径」というものもあります。これは、カラコンの着色部分の中心、色がついていない部分を指します。

この着色内径は、視界の広さにあたります。着色内径が小さいほど元の瞳の印象を変えてカラコンそのままのカラーやデザインを楽しめますが、その分視界は狭くなってしまいます。

日本のカラコンでは安全性のために着色内径は6mm以上と定められていますが、海外からの輸入カラコンなどは要注意です。

5.まとめ

カラコン選びを成功させるためには、着色直径を考慮することが大事です。そのためにも最初にまず自身の瞳の横幅を計測して、「1:2:1」という瞳の黄金比率に合う着色直径のカラコンを探していきましょう。

初めて使うカラコンの場合はワンデータイプのカラコンを購入して様々なタイプのものを自身の瞳で試してみるのもおすすめです。自信の瞳のサイズに適切なカラコンを選んで、より魅力的な瞳を演出していきましょう。


夏メイク×相性抜群のカラコン特集

2020年夏メイクのトレンド、押さえておきたいポイントは3つをご紹介♪

学校につけていくならコレ!!スタッフおすすめカラコン!!

校則のゆるさ別で盛れるカラコンをスタッフがおすすめします!